クラウドサーバー

最新の情報

「ShareMax」でクラウドサーバーを作る続き

たくさんの写真を撮り続けたい、動画も撮りたいけれど、どうしても容量が気になると言う方、結構、いらっしゃいます。
そこで、「ShareMax」があれば、自分のクラウドサーバーが出来ますから、このような容量の心配は不要となります。
写真や動画も「ShareMax」に転送して、保存されますので、機器の空き容量を気にすることはまったくなくなり、自由に気兼ねなく撮影できます。
自分だけのクラウドサーバーと言っても、許可した人でしたら、あなたの「ShareMax」にアクセスすることが可能です。
ですから、例えば、撮りためた子供の写真などを両親に見せたいと思ったら、ご両親にアクセス権を作り、あなたのクラウドを共有することが出来るのです。
また、旅行の写真や動画など、お友達とシェアすることも簡単ですので、楽しみが広がりますね。
それから、外出先でも、動画が見たい場合、「ShareMax」にアクセスすれば、ストリーミング再生が出来ます。
いつでも、見たい時、見たい場所で自分が保管した動画を楽しむことができるのです。
ビジネスで使うシーンが多いのは、エクセルやワードなどの、Office文書や、PDFファイルでしょう。
これらも「ShareMax」でしたら、呼び出して、簡単に閲覧することが可能です。
例えば、大量のカタログであっても、端末でアクセスさえ出来れば、取引先にいても、お客様に手早く見せることが出来ます。
セッティングの方法はとても簡単で、「ShareMax」をインターネット回線に繋いで、電源を入れるだけです。
LAN接続してスイッチオン、これだけで、あなただけのクラウドサーバーが出来ますから、面倒なネットワーク設定などをする必要がありません。
また、コンパクトな本体で、特別な置き場所も必要ありません。
そして、気になるお値段ですが、500GBの容量で11000円程度です。
初期の購入費だけで、あとは無料で使えますから、みなさんもデータの保存や、共有、またバックアップ用にも、自分だけのクラウドサーバーを使ってみてはいかがでしょうか。

Page 1 of 3112345»...Last »
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi